「サボン モーヴ」固形石鹸で髪を洗う!リンスも、コンディショナーも不要!画期的だけどどんな成分でどんな効果が?

洗髪の基本は、液体のシャンプーを泡立てて髪や頭皮の汚れを取るっていうもの。

そして、シャンプーの後に、コンディショナー、トリートメントをつけると言う流れが通常。

でも、固形石鹸で髪を洗うといったこれまでの常識を覆したスカルプソープの「サボン モーヴ」ってご存知ですか?

これは、固定石鹸の「サボン モーヴ」で髪を洗うのです。

その後、リンスも、コンディショナーも不要!

石鹸で髪を洗ったらきしむはず。

でも固定石鹸の「サボン モーヴ」で髪を洗っても、髪はきしまない!

ちょっと画期的なので、どんな効果があるのか?とっても興味しんしんなので使ってみました。

スポンサーリンク




「サボン モーヴ」:固形石鹸で髪を洗う?

「サボン モーヴ」の吸着成分のクレイが余分な油や毛穴の奥までスッキリ落としてくれます。

サボンモーヴでシャンプーした頭皮の毛穴は、綺麗に洗浄出来るから、つまりは髪のハリコシが蘇るのです。

10代、20代と、何にもしなくったって髪のハリやコシがあったけれど、30代になると、ハリやコシがなくなってきて、そしてくせ毛も気になりだしました。

まだ、30代の私はいいけれど、40代、50代と年を重ねていっている女性は皆と言っていいほど、髪のハリやコシはなくなっています。

髪にハリやコシがなくなったら、髪のボリュームがなくなって、とたんに老けてみえる!

これは、今まで使っていたシャンプーの刺激が強すぎるのも一因なのです。

サボンモーヴでシャンプーした頭皮の毛穴は綺麗になって、そしてその後、保湿成分のポリフェノールが頭皮バランスを整えてくれるのです。

さらに、アルガンオイル成分が乾燥から髪や頭皮を護ってくれるのです。

だから、余計なものを使う必要がありません。

そのほか、海草エキスも配合しているので、コシとハリの整った美しく健康な髪に導いてくれるのです。

しかも、すべて天然素材で出来ているから安心。

髪の毛は、お肌と同様に、年齢が出てしまうのが欠点。

でも、顔と頭の皮膚って繋がっているから、実は頭皮の健康ってお肌と密接な関係があるのもご存知ですか?

洗髪のとき上を向いて洗うか、下を向いて洗うかによって、お肌のハリ具合にも影響が出てくるとのこと。(前にテレビで専門家がおっしゃってました)

そうなると、気になるのが頭皮の状態。

頭って自分じゃ細かく見ること出来ない所から、毛穴の詰まりも気になりますよね。

それから髪のコシ。

年齢を重ねるに連れて、だんだんボリュームがなくなるのも悩みのひとつ。

「サボン モーヴ」は、そんな悩みもバッチリ解決してくれるのです。

もっちりした泡で髪を優しく包み込んでしっかり洗いあげて、ゴワつきも解消。

スッと指どおりのいい髪になって、うねりも気にならなくなる。

シャンプーっていうものがなかった昔、みんな石鹸で洗髪していた時代もありました。

石鹸だって貴重だったので、そんな贅沢に使えなかったのでしょうが、現代では洗髪用の固形石鹸があるくらい。

でも、よくよく考えると、時代の進化と共に、色々なものがバージョンアップしていますが、結局、古き良き時代に戻っていってるような気もしますね。

ボトル使用もないので場所をとらなくて便利だし、詰め替えしなくていいのも嬉しい。

フランスのコスメ大賞ヴィクトワールドゥラボーテで最高賞も受賞したっていう本物。

「サボン モーヴ」1ヶ月サイズのお試しで気軽に始められますよ。

私は、1ケ月サイズの「サボン モーヴ」をお試し中!

頭皮の状態が気になる方や、ハリコシ、ボリュームが気になった方は試してみるといいかも。

もちろん気に入った!っていう方には、た~っぷり使えるサイズもあります。


「サモン モーヴ」の成分って?

自然由来の成分で安心の「サモン モーヴ」の魅力を知りたい!

固形石鹸で髪を洗うという現代の概念を覆し、しかもコンディショナーやリンスも不要で髪を優しく洗いあげる、巷で話題の「サモン モーヴ」。

その成分について、気になっている方もいると思うので、どんな材料で作られているのかを紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク




「サモン モーヴ」の成分:吸着力の強いレッドクレイ

サモン モーヴは、ノンシリコンのスカルプケア石鹸で、髪の汚れを落としてくれるのが細かい粒子の堆積物としての粘土と言われるクレイ。

クレイには色々な種類があり、サボン モーヴでは、吸着力が強く鉄分や油分を多く含むレンガ色のレッドクレイを使用。

この成分が、古くなった皮脂や、毛穴に入り込んだ汚れをしっかりと取り除いてくれるのです。

「サモン モーヴ」の成分:フランス産ポリフェノール

そして次に、頭皮のキメとバランスを整え、ハリと弾力を与えてくれるのがフランス産のブドウエキスから抽出したポリフェルノール。

お顔同様、頭皮にもハリと弾力は若さを保つ上で必要不可欠。

頭皮のキメやハリって、肉眼で確認するのは難しいものです。

だからこそ、余計に気になるところでもあります。

「サモン モーヴ」の成分:生命の実アルガンオイル

そして、吸着とバランスの次は、モロッコの黄金と呼ばれる貴重なアルガンオイルを配合。

頭皮や髪を外敵から守る大切な役割を果たしてくれます。

また、頭皮をやわらげ乾燥を防ぐ役目もしてくれる優れもの。

最後に、ブルターニュ産のヒバマタエキスで保護膜を作り保湿をキープ。

ヒバマタエキスには、海洋ミネラレが豊富に含まれているので、頭皮環境もバッチリ整えてくれるのです。

それぞれの成分がしっかりとした役割を果たすことで、キューティクルも整え、天使の輪ができるような美髪に導いてくれるのです。

「サモン モーヴ」の効果:くせ毛にもいい?

また、頭皮の衰えや皮脂詰まりがクセ毛につながっていることに着目したサボン モーヴ。

健やかな頭皮を保つことで、髪本来の美しさに導いてくれるのです。

髪の毛は、頭皮の中で成長して根元から伸びているので、髪に栄養を与えているだけでは不十分。

頭皮のケアで十分な栄養をキープできるので、余計なものを与える必要はないのでしょうね。

植物も基本的には根から栄養を補っているから、髪も植物と同じだと考えれば納得がいきますね。

私はかつて、手作りの髪用固形石鹸で洗っていましたが、サラサラになりました。

ただ、やっぱり軋みが気になりました。

髪に良いといわれる椿オイルをつけたりしましたが、つけすぎるとベタベタになるし少なくてもダメ。

なかなか適量が見つかりません。

でも、固形石鹸で洗った時は、汚れがスッキリ落ちてとっても気持ちよかったのです。

シャンプーでは感じられないスッキリ感は病み付きになります。

そんなことを気にしなくていいサボン モーヴは、自然素材にこだわりたくって、また健康な美髪になりたいと思っている私には、ぴったりかも!

■フランスのコスメ賞で大賞を受賞した人気のスカルプケアソープ

スポンサーリンク




「サボン モーヴ」固形石鹸で髪を洗う!リンスも、コンディショナーも不要!画期的だけどどんな成分でどんな効果が? はコメントを受け付けていません。 未分類